地方ごとに水の味が違う。

小生、生まれは岐阜です。今日は水の話です。大学、就職で、岐阜から県外にでることになりました。やはり、他の地方はそれぞれ違いがありますが、水の味が地方ごとに違いがあってちょっと驚きでした。水道水での話なので、違いはそうはないかと思ったのですが、結構あります。これ、どうも水源によるもののようで、水道水用に各自治体の水道局が水処理を行うはずですが、もとの水源の水の良し悪しが水の味に反映されるようです。もっとも、蒸留やら、RO処理するなら話は別ですが、水道水にそんな高価な処理などできないので、仕方ありません。これまであまり良くなかったのが茨城県。水源が悪名高き霞ケ浦ということが原因のようです。口に含むと味が違い、水道水をそのままでは飲みづらいな、というのはありましたが、私はそれほどでもありませんでしたが、家内によるとブツブツが出たとのことで、人生初の整水器を購入することになりました。整水器を通した水を使うと、炊いたご飯がそれまでよりも驚くほど美味しくなったのが、相当ビックリしました。

 

さて、最近まで住んでいた千葉県。最初から整水器にかけた水を飲んでいたので、水道水そのものの味はわからないのです。まあ、あまりおいしいという感じではありませんでした。千葉の水で特徴的だったのは、ガラスが白くなること。フロの鏡が、すぐに白くなります。真っ白です。当時、千葉県のとある工場に勤務しておりましたが、製造のある工程で水道水が鏡にかかる場所がありました。鏡は安全確認のために取り付けられていたのですが、こちらの鏡も同じく、白くなってしまい、鏡がよく見えず、用をなさない状況でした。それで、職場の安全教育のkYTで使う危険予知のイラストで指摘されたことを思い出します。水の硬質成分というより、シリカ分が他の地方と較べて大量に含まれているようです。このガラスが白くなる水ですが、海に近い場所であるのでは、そう考えています。海に近い場所で取水された水はシリカ分を多く含み、山間部にちかいところはシリカが少ない。考えてみましたが、理由はわかりませんでした。

 

これまで、美味しいと思ったのは、山間部の温泉旅館で出てくる水です。出所がわかりませんが、おそらく、水道水自体もおいしいようです。軟水だから美味しいのかとも考えましたが、市販の軟水を飲んでもそこまで美味しくなく、微量の成分が水の味を美味しくさせているのでしょう。